2012年07月09日

格差是正は税制から

常々言っていることですが、格差是正に税制改革は不可欠です。

そもそも、日本の税制は大富豪と大企業が得するように出来ています。投資家/資産家が得する、株式等売買に関わる税制優遇、さまざまな優遇措置によって実質無きに等しい法人税、或いは「戻し消費税」などで、大企業は税金で儲けているありさま。

不公平な累進課税制度による所得税、一体何に使われるのか使途不明な消費税、資産価値が無くなっても課税価値があるという固定資産税及び相続税。本来ならば、ガソリン税や自動車取得税、酒税やたばこ税など、細分化された目的税を税収の要にするべきです。高速道路の利用料金も、受益者負担で恒久的に有料にすべきであって、無料化にしようとする発想自体、理解に苦しみます。

もし、消費税を年金や医療等の社会保障の財源とするなら、なんでも一律同率に課税するのではなくて、もっと細やかに、非課税対象も含めて、綿密に作りこんだ制度にするべきではないでしょうか?

ヨーロッパの社会保障先進国ほどではなくても、アメリカでさえ、生活必需品とされる品目は非課税又は低税率です。食品ならベビーフード、牛乳、ミルク、小麦粉等、衛生品なら、ベビー用品/介護用品/生理用品/コンタクトレンズ用品等が非課税です。

「社会保障と税の一体改革」なる悪法案は、なんとしても衆議院で廃案にしてほしいものです。
posted by abby at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

コミュニケーションのとりかた

「詳しい事はブログ(またはSNSの日記)に書いてあるから。」

最近、直接コミュニケーションを取らずに、ブログとかツイッターとか、又は数あるSNS上の日記機能で近況報告をする人が増えている、とある友人が嘆いていた。確かに、私も含めて、個別に友人一人一人に電話やメールをする代わりに、オンラインの日記、写真、つぶやき、等々で近況報告やグチの放出を済ませてしまっている人が多い。

一体いつからこんなになってしまったのだろう。

そもそも、私は電話でさえ苦手で、大学時代も「今から行ってもいい?」とキャンパス内線で友人の部屋にかけてその直後に相手の部屋にいくようなタイプだった。それでも、全寮制キャンパス生活が終わって社会人になると、距離的に電話によるコミュニケーションを取らざるを得なくなった。

初めて携帯電話を持つようになった時も、当時の携帯電話は通話機能のみで、メール機能はなかった。
Read more...
posted by abby at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

重荷を降ろしに

こんな私でも、安心して重荷を降ろしに来るお客様が多々いらっしゃいます。

仕事上のグチャドロを、決して家庭には持ち帰りまいと、吐き出す為にいらっしゃる方。家庭が崩壊してしまっているため、家に帰っても話を聞いてくれる家族がいないから、お酒の力を借りて、赤の他人に愚痴ってスッキリするしかない、哀しい方。独りで頑張って生きている、人生常に模索中のキャリアウーマン達。

セクハラオヤジもたくさん来ます。自分のアルコール許容度を知らずに吐くまで飲みまくる中年サラリーマンもたくさん来ます。

そんな皆に共通して言えるのは、みんなみ〜んな、一所懸命生きているのだということ。

「こんなアホオヤジの話を聞いてくれてありがとう。」なんて言われますが、いえいえ、こちらこそ、精一杯生きているあなたから、日々エネルギーを頂いていることに、心から感謝の意を表したいです。
posted by abby at 03:56| Comment(0) | Blablateurs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

セレブってなに?

セレブって一体なんでしょう?

お金持ち?有名人?「お育ち」?

どうも世の中には、「セレブ」に憧れるあまり、自分自身もセレブの仲間入りをしようと無駄な努力…いや、哀れなまでの背伸びをする方々がいらっしゃいます(笑)

むか〜し、農家出身の同級生が、「貧乏人はビールを飲み、金持ちはワインを飲むんだ」と言っていましたが、え?それは偏見じゃないの?と返しました。フランスの労働者はがぶがぶワインを飲んでいるよ。カリフォルニアのワイン農場で働くメキシコ人不法労働者も、がぶがぶワインを飲んでいるよ、と言ったら、う〜ん、maybe you're right...だって★

シャンパンは、お金持ちが飲んでいるイメージがありますが、だからと言ってシャンパンを飲めば「セレブ」になれるものでもありません。

ソムリエ田崎真也氏が、ある番組で、自称ワイン通の某有名女優に、フランスの高級ワインと、イタリアのテーブルワインをブラインドテイスティングさせて、どちらが美味しいか(高級か)を答えさせたら、彼女は迷わずイタリアのテーブルワインを選んだ、という笑い話を聞いた事があります。

何が言いたいのかというと、ホンモノのセレブは、セレブぶらない方々だと思います。スッピンでTシャツを着ていても、アンジェリーナ・ジョリーはセレブです★キアヌ・リーブスは、日本に来ると、恵比寿のさびれたラーメン屋にお忍びで行くそうです。

セレブじゃない自分に乾杯♪♪♪
ラベル:セレブ
posted by abby at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

カッコ悪くてもいい

誰だって、いつもベストな自分でいられるわけではない。女だって男だって、様々な社会的要求に応えようと努力し、又は反発して神経をすり減らし、己のみっともなさに底知れぬ自己嫌悪に陥ってしまう。

そんな「カッコ悪い」自分であっても、そのまんま受けて入れてくれる誰かがいるのだということを、全てのカッコ悪い女と男に知って欲しい。何も言わずに貴方を抱きしめ、溢れ出る涙が無くなるまで、何時間でも何日でも何年でも待ってくれる誰かが、必ずいる事を。

So remember, tomorrow is always fresh with no mistakes in it.
posted by abby at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページのトップへ戻る