2010年10月07日

"Worship"

私の父上は、ラテン語やドイツ語のミサ曲等を歌う、いわゆる正統派合唱団に所属しております。その合唱団が、今年の秋はヘンデルのMessiah(英語)を歌います。

その父上に"Worship"の発音を教えてくれ、と言われました。この間は"Hail Holy Queen"のラテン語を教えてもらったので、今度は私が先生(笑)。

「わーしゃっぷ?」「うぉーしっぷ?」

ヴ〜ん、よく聞かれることですが、「わ」でもなければ「うぉ」でもないんですよね。

アメリカ英語だと「わーしゃっぷ」に近い発音で、イギリス英語だと「うぉーしっぷ」に近い発音ですが、どちらとも「うぉ」の口で「わ」と発音します。

"Worship The Lord"は、GOSPEL TOKYOにジョインして最初のコンサートで歌った曲だったかしら?とっても思い出深い曲で、重厚なハーモニーが歌う人も聴く人も高揚させる曲です。
ラベル:ggc concert
posted by abby at 01:09| Comment(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

原曲CDについて

原曲CDは、音楽的参考資料として大変有効であることは言うまでもありません。しかし、ここで留意しておいて頂きたいのは、発音をそっくりそのまま真似るのはお勧め出来ないという点です。

日本語にも「標準語」があるように、ゴスペル本場のアメリカにも、賛否両論ありますが、いわゆるStandard Englishと呼ばれる標準語があります。

一部の米国黒人の話す英語は、Ebonicsと呼ばれ、第二外国語として認めろと主張するグループがあるほど、独特の発音や言い回しがあります。

南アフリカのSoweto Gospel Choirなどは、Afrikaansという、主にオランダ語がベースとなった南アフリカ特有の言語の強いなまりで英語の歌を歌っています。このなまりは、英・米・豪語にはないリエゾン等のせいで、"Standard English"より滑舌が悪い感じに聞こえます。

歌う英語の発音のお手本として個人的にお勧めなのは、MadonnaとBrooklyn Tabernacleです。
ラベル:ggc conert
posted by abby at 00:00| Comment(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

でねねいぼ

はぁ?イボ?

タイトルの「でねねいぼ」とは、"I'm Available To You" の歌詞の一節で、"...then enable me to say..." の発音テクです。

別の記事で、Th→Dと出来る事は説明しましたが、ここにも同じテクが使えます。

従いまして、"then enable" は「でねねいぼ」となります(笑)


♪でねねいぼみーとぅせーぃ(then enable me to say だってば!)
posted by abby at 20:58| Comment(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

あんびりーばぼー

誰が言ったかもう忘れてしまいましたが、テレビのコマーシャルかなにかで、「あんびりーばぼー (unbelievable) 」という字幕を見て感動した事がありました。

そもそも外来語の日本語表記が試みられた最初の頃は、今のようなカタカナ表記の規則がなくて、みな耳で聴き取れた通りに記していました。

例えば:

メリケン粉=小麦粉。"American (ə-ˈmer-ə-kən)" が「メリケン」に聴こえたから。

テケツ=チケット。"ticket (ˈti-kət)" が「テケツ」に聴こえたから。

私から言わせれば、こちらの方が原語の発音により近いと感じるのですが☆

"Unbelievable" も "Available" も、「アンビリーバブル」、「アベイラブル」とするより、

あんびりーばぼー
あべいらぼー


とするほうが、理にかなっていると思います。あくまで私見ですが。
ラベル:英語
posted by abby at 13:48| Comment(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

Th → D

日本人にとって難しい "TH" の発音。これも歌う時は、臨機応変に "D" に置き換えて良いというルールがあります。

例えば、"I'm Available To You" の一節、 "..use them..." の "them" は、"Dem" と歌っても "them" に聴こえてしまうというマジックがあります(笑)
posted by abby at 22:09| Comment(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページのトップへ戻る