2012年02月15日

Amazing Grace

最近、Amazing Graceのいろいろなバージョンを耳にします。

ギターバージョン、ウクレレバージョン、Jazzy バージョン、などなど、CMや音楽専門チャンネルで。

CMなどは、ともすると歌の意味とかけ離れている内容の時もありますが、そんな事はどうでもいい、と思える程美しいAmazing Graceが流れてきます。

この名曲には、深い思い入れがあって、聴いていても歌っていても、心切なく涙ぐんでしまうこと多々ありです。

Amazing grace; how sweet the sound
That saved a wretch like me...

"wretch"とは、どうしようもない奴、とか、ぐちゃぐちゃでめたくそに壊れた、みたいな意味があります。

こんなどうしようもない私でも、生きる価値/存在意義があるのだと、手を差し伸べてくれる神様の恵み(= grace)とは、なんと心地よく心に響くのだろう。

人生、山あり谷あり、でも、私の経験してきたこと、やってきたこと全て無駄でないのだと、神様がおっしゃってくださるのだから、ただただそれを信じればいいのだ。

それでも時折不安になったら、この歌を歌います。
posted by abby at 03:35| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

このページのトップへ戻る